ゆるふわパーマに憧れる!超がつくほどストレートな髪・・・

私は大学を卒業して社会人になってから、10年以上ショートカットで通しています。新卒で入社した会社の仕事が激務だということが予想されたので、「長い髪の毛を乾かす時間があったら1分でも長く寝たい」という女子力のかけらもない理由からです。途中、ショートでもアシンメトリーにしてみたり、トーンが暗めの茶髪にした時期もありましたが、基本的には黒髪のままです。伸ばしてみたい気持ちも少しはあるのですが、3カ月くらい経って髪がボサボサになってくると「あー、切りたい!切ってすっきりしたい」という思いが勝ってしまい、結局バッサリいってしまいます。特に肩まで伸びるか伸びないかあたりでイライラしてしまい、これまでボブ以上まで伸ばせた試しがありません。一度勢いでめちゃくちゃ短くしてしまって、キャスケットをかぶって職場に行ったら、先輩に「少年探偵団か!」と突っ込まれました。

小学生時代、一番長い時は腰まであったのが信じられないです。ヘアカタログを見て「ゆるふわパーマって女の子っぽくてかわいいな」と思い、2~3回だけ挑戦してみたこともあります。でも、私の髪質は超がつくほどのストレート。縮毛矯正やストレートパーマをしている友達からは羨ましがられますが、実は私の悩みでもあります。なぜなら、全くパーマがかからないし、カラーもなかなか染まらないからです。美容師さんには「髪の毛が強いんだね」と言われますが、あまり嬉しくありません。カラーはショートなのに人の2倍くらい時間がかかるし、思った色よりだいぶ暗くなります。パーマに至っては、美容師さんいわく「時間をかけて2回分くらいの強さでかけた」らしいのですが、全くウェーブ感が出ませんでした。

実際、パーマをかけた翌日に職場に行くと、男性に「あれ、髪の毛はねてるよ?寝癖?」と言われたくらいです。何回かけてもそんな調子なので、今はお金の無駄だと諦めてパーマはかけなくなりました。「ゆるふわパーマでガーリー」といった髪型紹介ページは憧れではあるのですが、写真通りにはならないことが分かっているので見ないようにしています。茶髪も今は良いかなと思って、しばらくカラーリングしていません。ヘアカタログを見ながら、いつもの美容師さんと「これってパーマかけてますよね?かけなかったらどんな感じになりますか?」と相談しながら決めています。出来上がりはパーマをかけない分ボリュームがなくてストンと落ちる形ですが、想定の範囲内です。ショートカットに慣れたので、今はすごく楽で気に入っています。でも、いつか結婚式を挙げる機会があれば、女性らしいかわいい髪型にしてみたいものです。

私のこだわりは前髪なんですけどいつも壁にぶつかります。

私の現在の髪型はセミロングで毛先に緩いパーマがかかっています。
カラーはしていません。
スタイリングの仕方は、濡れた状態でパーマ部分にオイルをつけ、ざっと乾かした後、パーマ部分にワックスをつけて仕上げています。

この髪型にしている理由は、今までは短かったのですが、なんとなく伸ばしてみようかな、と思いショートボブから徐々に伸びてきてこの状態になっています。
本当はストレートにしたいのだけれど、髪質が良くないため、ストレートにすると髪の汚さが目立ってしまうのでいつもパーマスタイルです。

過去に挑戦して失敗した髪型は、昔、安田成美さんがベリーショートにした時に、同じようにしてもらいました。私的には気に入っていましたが、おそらく周りでは失敗だね、猿だねって言われてただろうな、と思います。
安田成美さんが大好きで、その後も何度も真似をしました。
彼女の特徴は前髪がとても短いこと。
私の場合、いつもここで美容師さんとの攻防が始まるのでした。
あまり短くしたくない美容師さん、今時のエアリーだか何だかの前髪にしたい美容師さんと、とにかく短くして欲しい私、の。
1度だけですが、美容師さんと本気で喧嘩したことがありました。
結局向こうが折れて前髪を短くしてくれましたけど、切った後に
「・・・いけますねえ。へー。いけますねえ。勉強になりました」
とかなんとか言ってましたけど、前髪に関してはどうしていつも言うとおり切ってくれないんだろう。短くなりすぎて、前髪を長くするために育毛剤をつけたりしてみました→【緊急報告】前髪の薄毛には、効く育毛剤と効かない育毛剤がある!

美容室では、A4の紙に私がネットや雑誌で見つけた可愛い髪形を貼り付けてプリントアウトして持っていっています。
時には2~3枚になることもあり、恥ずかしいですが、オーナーさんと1対1で他にお客さんの来ない美容室なのでできることでもあります。

今後は、できれば髪質をきれいにしてストレートのセミロングとか、またまた思い切ってベリーショートとかしてみたいと思っています。その為に今、シャンプーを色々とジプシー中です。
とにかく、前髪が短い感じが好きで、いつもそれをオーダーするんですが、どの美容師さんもあまり乗り気ではありません。眉より上に切るのはやっぱり少し勇気がいるらしいのです。
私は、短いのなら幾らでも短くてOKなのですが、毎回この攻防があり疲れます。
きっと似合ってないから、もしくは似合わないからプロとしてやりたがらないんだろうけど、いいんです、私が納得すれば。だからいつもスムーズに切って欲しいです。

 

ショートカットにしている理由!頭蓋骨を隠せるのが利点

私の髪型は分類するならショートカットです。
後ろはショートカットそのもの、横は肩につくくらいのボブで、少しうつむくと横顔が隠れる感じです。後ろが短く、前に向けて徐々に長くなる感じの髪型ですね。こういうのもショートカットに分類して良いのかは微妙ですが、ボブと言うにも微妙ですし、正式な名称が分からないのでショートカットとしておきます。
この髪型にしている理由は、長すぎないので楽、それでいて短すぎないので顔の形があまり目立たたないからです。また、自分の頭(頭蓋骨?)は丸っこいので、この髪型にするとシルエットが若干可愛くみえるので気に入っています。
長すぎると、どうしても日々のヘアケアで時間がかかってしまいますのし、なんといっても夏に暑い。昔はロングだったのですが、ベタつくし邪魔だしで結構大変でした。でも、短すぎると顔の形や大きさが目立ってしまいますし、スタイリングなどによるごまかしも効きません。ヘアケアや夏はとても楽なのですが、逆に言うと髪型で遊んだりスタイリングでちょっと気分を変えてみるということも出来ません。顔も隠しようがないので常に表情が丸見え、という個人的にはややデメリットな部分もあります。
過去に一度、ストレートなショートカットにしてみたこともあります。が、絶望的に似合いませんでした。小顔な美人さんならともかく、自分にはちょっと合わなかったようです……。一度切ってしまうと伸びるまでまたなければいけないので、ばっさり切ってしまう時は多少覚悟して置かなければいけないと学びました。
美容室はいつも行きつけのお店をひとつに絞っているので、担当は決めていませんが、オーダーにはあまり苦労しません。似たような髪型をどう表現して良いのか分からず、カタログでも似た髪型を見つけられなかったので、最初のオーダー時にはちょっとだけ苦労しました。箚しよは、後ろをベリーショート、前側に来るにつれて長くなるよう、肩につくくらいの長さに、とそのまま伝えました。一度形を整えてしまうと、この髪型のまま全体的な長さを短くして下さい、で通じるので楽ですよね。
今後は、時間に余裕ができれば、いつかまたロングに戻してみたい気持ちはあります。もしくは、このスタイルのままもう少し長めにキープしようかな、とも思います。ロングヘアの時の不便さは身にしみているので非常に悩みますが、遠目だとロングの方がシルエットが綺麗に見えますし、錯覚なのかもしれませんが顔もちょっとだけ可愛く見える気はするのですよね。なので、機会があればまた挑戦してみたいなと思います。