本田院長が解説!切らない包茎とはどういうことか!?

本田院長が解説している切らない包茎とはどういうことなのでしょうか。テレビなどでも紹介されていて、実際に今までの手術は何だったのと感じている人も多いと思いますが、今回は、切らない包茎手術について紹介していきます。

切る包茎手術はもう古いと言われていて、長く伸ばして大きくして包茎を治していく事が可能となっています。この方法については、幅広い患者さんに対応していて、一般的に手術が困難と言われている人でも本田院長の高度な技術により安心して手術を受ける事が出来るようになっています。

85歳以上の高齢の方や糖尿病を患っている人、血液をサラサラにする薬を飲んでいる人、一週間以内にスポーツやセックス、温泉旅行などの予約があるという人でも受ける事が可能となっています。

切らない長茎手術については、切る手術は外科医なら誰でもできる簡単な手術ですが、切らない手術は切る長茎手術を3、4千例になして初めて可能な難しい手術となっています。初めて可能な難しい手術で、経験と感覚で行う手術なので、本田院は弟子が50人いますが、この切らない手術ができるのはその中で3人しかいません。

切らない手術を批判する医師もいますが、多くはこの手術を行う事が出来ない医師か、自分ではやっているつもりでも正しく出来ていない医師なのです。簡単に切る手術よりも、難しい切らない手術の方が料金が安いクリニックも多いのですが、この場合には、切らない手術を安く宣伝して、実際に来院した患者様に切る手術を勧めるだめの呼び水にしているという事が現状となっています。

切らないメリットについては、切る手術は、深く皮膚を切開して横向きのキズが出来てしまいます。よく陰毛に隠れてキズが目立たないという宣伝をしているクリニックなどもありますが、陰毛が縦向きに生えるので、横向きの傷跡は実は目立ってしまうというのは現状です。

また、深い傷が出来るので、術後の痛みに苦しんだり、2週間にわたり入浴制限があったり、セックスも1ヶ月はできないというデメリットがあります。切らない手術の場合には、注射の針の穴程度のキズしかないので、数時間後には傷は自然に塞がります。傷が少ない分、術後の痛みに苦しくこともありませんし、風呂やセックスは当日か翌日には可能となっています。

包茎手術については、実際に様々な手術法があり、個人に合った方法で手術を行う必要がありますが、何よりも悩みを改善する為に多くの方が自分の悩みに向き合いながら治療を行っていく必要があります。

本田ヒルズ口コミ

実際に、包茎でも手術が必要なものは、保険など適応されるようになっていますが、手術をしなくてもよいというような状態の場合には、何よりも高額な費用が掛かると言われていますが、自分の中で悩んでいる場合には、手術を行って自信を持ちたいという人も多いと思います。

やっぱり、男性特有の悩みなので、男性の気持ちって誰にも分りませんが、自信をもって接していくということは、何より大切だと思います。切らない包茎手術を行う事も出来ますので、何より、切らずに治療を行う事が出来て、制限などもなく、翌日からセックスやお風呂なども可能となっている点は良いと感じます。

実際に包茎手術については、心身ともに大事な手術を言えます。失敗は絶対に許されません。包茎治療を行う場合には、すぐに決めるのではなく、まずは、カウンセリングを行って、クリニックを見極める事が何よりも大事です。

患部の診察もしないでカウンセリングを始めるクリニックや医師がカウンセリングに参加しないような姿勢は、症状に合った治療を提案する事が出来ないといえます。このようなクリニックで手術を受けるのは高いリスクがあるといえるのです。

切らない手術については、患者さんの負担は少ないので良いと思いますが、その分高度な技術が必要となってきます。無理に切る手術を勧められるようなクリニックは避ける必要があります。

包茎手術について詳しく説明してくれるクリニックや体験談などの実際の声を参考にすることも重要になってきます。一番ダメなことは、費用が他より安いというだけでクリニックを決めるのは危険といえます。

実際に、切らない包茎手術を行いたいと考えている人は、本田クリニックに行くのが何よりお勧めできます。一生に一度の大切な選択だと思いますので、失敗して後悔するのではなく、自信を持った自分に生まれ変わる為には、何よりも信用が出来るクリニックを選んで、その後の人生を楽しむ一歩にしてください。

悩みは深刻だと思いますが、自分の中だけで悩んでいても何より悩みを解決する事ができませんので、早めに治療を行う事により、その後の人生もかなり変わってくると思います。