包茎手術は痛くない!最新麻酔技術の進歩。

包茎手術は痛いと思っている人も多いと思いますが、最新麻酔技術の進歩により痛みを感じることなく手術する事が出来るようになっています。実際に今の時代は、様々な事に対して日々進化しています。今回は、包茎手術の痛みについて紹介していきますので参考にしてみて下さいね。

正しい麻酔の知識ですが、包茎手術については、通常局所麻酔で行われるようになっています。局所麻酔は、名前の通り、局所に麻酔を行う方法で、包茎手術の場合には、ペニスに直接注射をして、麻酔薬を効かせて患部の痛みを取り除きます。

ペニスに注射をすると聞くと、凄く痛いし、怖いというような恐怖を感じる人も多いと思いますが、手術の経験がない方でも歯医者などで麻酔を経験すると思いますが、局所麻酔でも、熟練の医師が行う事により、痛みはほどんど感じることなく、麻酔する事が可能となっています。

局所麻酔の注射が終われば、その後は数時間患部の痛みを感じることなく、手術を行っていく事が出来ます。前日にお酒を飲み過ぎている場合には、麻酔が効きにくいという事をよく耳にしますが、局所麻酔の場合には、確実に効きます。なので、麻酔をする際の痛みを感じるのは、注射をするときだけでなので、大丈夫です。

麻酔注射をする際に痛みを感じるポイントですが、皮膚にハリが刺さっている時と麻酔薬が皮下組織に注入されているときです。

また、手術を行うクリニックなどで違ってきますが、麻酔は一般的には全身麻酔、静脈麻酔、局所麻酔とあります。全身麻酔や静脈麻酔は大きな手術を行う際に使われています。なので、手術後の入院や休息が必要ですが、包茎手術の場合には、局部麻酔で、術後は帰宅する事が出来ます。

麻酔のシステムですが、基礎麻酔として使用されているのは、スプレー式基礎麻酔は、ペニスの表面に麻酔薬を噴霧して、皮膚の感覚を麻痺させて行うものです。アメリカの医療現場で使われることが多く、基礎麻酔として最適と言われています。日本で使っているところはまだ少ないといえます。

深部冷却麻酔ですが、これは麻酔薬を注射にする前に半凍結した特殊ジェルを直接ペニスに巻き付ける方法となっています。従来の液体チッソを使用した墳霧冷却よりも皮膚の深部まで麻痺させることが可能となっています。

極細針麻酔ですが、麻酔薬を注入します。注射針は細ければ細いほど痛みを感じることなく、麻酔を行う事が出来ます。このようにたくさんの麻酔を行う事により、痛みを感じることなく、包茎手術を行う事が出来ます。

痛みを最小限に抑える為には、様々な麻酔をブレンドする事により、治療中は触れた感覚もなく、痛みを感じる事がなく、治療後についても痛みを感じることなく過ごす事が出来ます。

また、クリニックにより麻酔の順序やブレンドなど違った来ますが、痛みに対する不安や恐怖については、オプションとしてマスク麻酔による完全無痛麻酔などもあります。マスク麻酔では、口と鼻を覆うマスクを顔に当てて、普通に呼吸をする事により、徐々に麻酔ガスが効いてきて数分で眠ってしまいます。このマスク麻酔は高額となていますが、完全無痛を考えている人はぜひ、希望してみるようにしましょう。

実際に、包茎の悩みを抱えているひとは多いと言われていますが、その中で、手術の痛みなどを考えると踏み出す事が出来ないという人も中にはいると思いますが、麻酔方法も年々進化していますので、安心して自分に合った麻酔で痛みを感じることなく手術を受ける事が出来ると思います。

更に包茎の悩みを周りに相談する事が出来ないという人も多いと思いますが、そんな場合には、相談や無料カウンセリングなどを行う事により、自分の中の悩みを解決に導いていく事が出来ます。

実際に、今の時代は、包茎の悩みを手術で解消するという人も多くなっていますし、自分に自信を持てないという人も多い中で、実際に手術を行った人の中には、もっと早く受けていればなどという人もいます。

何より、自分に合った麻酔を使って包茎手術を痛みなく行う事が出来るというのは嬉しいですよね。包茎の悩みを抱えている人は意外に多いと言われていて、自分だけと感じている人もいると思いますが、実際に口に出して悩みを言わないだけです。

包茎手術を行っているクリニックはたくさんありますが、何よりも自分にふさわしいクリニックを選ぶようにしましょう。無料でカウンセリングを行っているクリニックを選ぶ事により、手術の内容や麻酔方法など様々な悩みや不安をきちんと質問する事が出来て、解決して手術を行う事が出来ると思います。

最近では、無料カウンセリングをホームページで予約する事が出来るようになっているクリニックなども沢山ありますので、自分の都合の付く日に予約して内容を把握して安心して包茎手術を受ける事が出来る環境で悩みを解決していくようにしましょう。

包茎手術については、たくさんの方が行っていて、個人で手術内容などは異なってきますが、まずは出向いて自分の状態を医師に相談することから悩み解消に導いていく事が出来ると思います。